健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

腸とは:腸内環境と腸内フローラ

腸とは、辞典で調べると大腸と小腸の総称、一般的には大腸をさすと記されています。

小腸とは

小腸は、十二指腸、空腸、回腸からなり、6~8mもある消化管で、直径約4㎝で内壁には多数のヒダがあり、500万ほどの絨毛で覆われています。
小腸は、輪状ひだ、絨毛、微絨毛を発達させて表面積を広げ、栄養吸収に適した構造となっています。小腸の管腔側の表面積は、約200平方メートル、シングルのテニスコート一面分といわれます。
小腸の粘膜には、リンパ小節が多数あり、塊状の集合リンパ節(バイエル板)がみられ、腸管免疫に寄与しています。
小腸のはたらきは、胃で分解された食物を酵素でさらに消化・分解し、栄養素を収吸します。小腸下部には粘膜免疫が発達し細菌等の体内侵入を防いでいます。

大腸とは

大腸は、小腸に続く消化管の終末部で、盲腸、結腸、直腸からなる全長1.5mの管腔臓器です。
盲腸は小腸につながる部分で、小腸からの移行部を回盲部といい、盲腸の先には虫垂が突き出ており、虫垂の粘膜にはリンパ組織が豊富にあり免疫系の一部を担っています。
結腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸から構成され、大部分を結腸が占めています。
横行結腸とS状結腸は、腸間膜をもち、体位の変化などで可動するのですが、下行結腸、上行結腸は後腹膜に固定されています。
大腸は筋層が発達し、縦走する筋が3本集合して結腸ひもが形成され、これによって結腸壁は縦に縮められ、内腔に向かって半月ひだをつくっています。大腸粘膜には輪状ひだも腸絨毛もなく腸腺だけが備わっています。
大腸壁は、内側から粘膜・粘膜下層・筋層・漿膜の4層構造になっています。
大腸の主な機能は、水分の吸収と便の形成で消化活動はほとんどおこなわれていませんが、大腸内では腸内細菌が常在細菌として生息し、この常在細菌により食物の分解がおこります。常在細菌は、消化酵素では分解できなかった栄養素を分解することができます。
大腸では、小腸で吸収されなかった電解質の吸収がおこなわれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク