健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

日和見菌とは:腸内環境と腸内フローラ

ヒトの腸管内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌が共存しおり、腸内細菌の種類は500~1000種類、総数100兆個、総重量1~2㎏の腸内細菌が存在し、これらの細菌の生態系を総称して腸内細菌叢、腸内フローラといいます。

日和見菌とは

日和見とは、辞書によると「物事のなりゆきを見て、有利な方につこうとすること」と記載されています。
腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌があり、そのどちらにもつかない菌を日和見菌といい、一般的には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の比率は、20:10:70だと一般的には考えられています。
日和見菌とは、”日和見”の意味が示すとおり、善でもなく、悪でもない菌で、勢力の強い方になびき、善玉菌が優勢ないときには一緒になって身体に有用にはたらき、逆に悪玉菌が優勢なときには一緒になって身体に悪さをしてしまう菌をいいます。
また、日和見感染とは病気やストレス、老化など免疫の働きが低下している時に、本来ならば無害で健康な人では感染しない、病原性の弱い微生物に感染することをいいます。

日和見菌のはたらき

日和見菌のはたらきは、腸内の最大優勢の菌で大人の腸内細菌叢の形成に寄与し、悪玉菌の増殖とともにそのはたらきに同調し増減することがわかっています。しかし、実際に日和見菌がどんなはたらきをしているかはまだわかっていません。

日和見菌の種類

ヒトの腸内細菌は、それぞれの人により異なり独自性があります。日和見菌の代表的なものは、バクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌などがあります。

バクテロイデス

バクテロイデス菌は、腸内の優勢菌を構成する日和見菌の代表で、通常は無害な存在なのですが腸内細菌叢が乱れると活発になり、有害物質を生成しる悪玉菌的なはたらきをするようになります。
バクレロイデス菌は、短鎖脂肪酸を分泌します。短鎖脂肪酸は、脂肪細胞にはたらきかけ脂肪の蓄積を防ぐはたらきと筋肉に作用し脂肪を消費するはたらきがあり、全身のエネルギー代謝をコントロールしているともいわれ、バクテロイデス菌を増やすことで肥満を防ぐ効果が期待できると研究がすすめられています。

ユウバクテリウム

大ユウバクテリウム菌は、バクテロイデスと同様に日和見菌の代表的な菌のひとつです。ユウバクテリウムはヒトの成長とともに腸内で増殖をはじめ、大人の腸内細菌叢を形成します。

嫌気性連鎖球菌

嫌気性連鎖球菌は、鎖状に配列された球菌の総称で、ヒトや動物の腸や口腔に数多く棲息している菌で無害な菌です。連鎖球菌のなかには化膿連鎖球菌のような病原菌も存在します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク