健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

小腸とは:消化器の構造と機能

小腸は、胃に続く消化器です。

小腸の構造

小腸は、全長6~7mある管状の器官です。
小腸は、腸間膜によって腹腔の背中側の壁(後腹壁)からぶら下がっており、腹腔内を比較的自由に動くことができます。
小腸は、胃に近いところから、十二指腸、空腸、回腸の3つに区分されます。
十二指腸は、胃の幽門につながる小腸の最初の部分で、Cの字型に湾曲しており、湾曲しいる部分には、膵臓の頭が入り込み、両者が接している部分には大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)が開口しています。大十二指腸乳頭は、総胆管と膵管の開口部であり、ここから十二指腸に膵液と胆汁が送られます。
十二指腸に続く残り6mほどの小腸は、前半の5分の2が空腸で、後半5分の3が回腸ですあ、明確な境目はありません。
空腸は回腸よりやや太く、発達した筋層でできた厚い壁を持ち、食物をスムーズに運ぶことができます。
回腸は、バイエル板とよばれるリンパ組織が発達し、免疫反応をおこなうほか、タンパク質や脂質の吸収もおこないます。回腸は大腸につながりますが、その移行部を回盲部といい、大腸と小腸が直角に交わっています。
小腸の内部には回盲弁があり、大腸の内容物が回腸へ逆流するのを防いでいます。

小腸の運動とはたらき

胃でかゆ状になった食物は十二指腸へ送られ、タンパク質、炭水化物、脂質などが本格的な消化を受けます。
それど同時に、膵臓でつくられた膵液と肝臓でつくられた胆汁が、大十二指腸乳頭を通して十二指腸内へ送られます。
膵液は、三大栄養素を分解する消化酵素を含み、胆汁は脂質を乳化することで消化を促進しています。
小腸の壁は、内側から粘膜、筋層、漿膜の3層からなり、筋層は他の消化器と同じく、内側の輪走筋層と外側の縦走筋層の2層からなり、漿膜は全体を覆ってサラサラとした漿液を出し、臓器同士の摩擦を防いでいます。
小腸が効率よく消化・吸収をおこなうためには、その内部の面積を広くし、通過する食物の栄養素をしっかりと分解・吸収する必要がありな、、長いとともに内部には輪状ヒダがあります。
粘膜の表面には粒状の腸絨毛があり、さらにその表面に微絨毛という突起が生えていることで、腸内の面積を広げています。
小腸は、全長6mの内側面積はテニスコート1面分にも達します。とくに、栄養素を吸収するはたらきをもつ空腸部分はしわが多く、表面積が広くなっています。

腸粘膜の構造とはたらき

腸絨毛の間には、腸陰窩(腸腺)というくとみがあります。
腸絨毛の表面は小腸上皮細胞で覆われており、細胞が1週間ほどでどんどん壊れていくので、腸陰窩の下部で細胞分裂が活発におこなわれ、補充されます。
微絨毛には毛細血管やリンパ管が分布しており、細胞内に取り込まれたブドウ糖やアミノ酸を血液に取り込みます。脂質は乳化された状態(乳び)でリンパ管が取り込まれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク