健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

大腸とは:消化器の構造と機能

大腸は、小腸に続く消化器です。

大腸の構造

大腸は、小腸に続く消化管の終末部で、小腸より太い管状の器官です。
大腸は、全長1.5mで、腹腔の周りを取り囲むように走り、骨盤腔を下降して、最後は骨盤底を貫いて肛門として体外に開いています。
大腸は、盲腸、結腸、直腸の3つに区分されています。
盲腸は、小腸につながる部分で、小腸からの移行部を回盲部といい、盲腸側面に回腸の最後部が直角に交わっています。盲腸の先には虫垂がが突き出しており、リンパ組織が集まって生体防御活動を行っていますが、防御反応が強すぎると虫垂炎を発症します。
結腸は、大腸の大部分を占める部分で、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に区分されます。
コの字型にお腹の外側を取り巻き、最後は蛇行して骨盤の中に入り、骨盤腔の真ん中をまっすぐ下降する直腸となって肛門に至ります。
直腸の表面には平滑筋が集まった結腸ヒモとよばれる縦に走るヒモ状の線があります。

大腸のはたらき

大腸のはたらきは、消化液とともに分泌された水分および塩類の再吸収であり、小腸が消化をすませた食物の残りかすから水分を抜き取り、糞便を作って排泄するための器官です。
大腸にもリーベルキューン腺が存在し、大腸液を分泌していますが、大腸では粘液と重炭塩酸のみの分泌で、消化酵素は含まれていません。
大腸液には、消化酵素が含まれていないので、大腸内には、弱アルカリ環境下で生活できる腸内細菌が常在細菌として生息しています。
大腸では、常在細菌により食物の分解が起こります。
常在細菌による食物の分解により、自身の消化酵素では分解できなかった栄養素を分解することができます。
食物は、大腸で水分を吸い取られ、徐々に固くなります。
Na+、Ca2+、Fe2+は、小腸や大腸で能動輸送により吸収されます。

排便反射

排便反射は、直腸壁が伸展刺激を受けると、その情報は骨盤神経を介して、排便中枢に伝わります。排便中枢は、骨盤神経を介してS状結腸、直腸を収縮させ、内肛門括約筋を収縮させます。
さらに、陰部神経を抑制し、外肛門括約筋も弛緩させ、排便反射がおこなわれます。
このとき、意識的に横隔膜の下降や腹筋の収縮により腹腔内圧の上昇を起こし、排便を補助します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク