健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

消化と吸収:消化器の構造と機能

消化器は、摂取した食物を消化し、吸収する役割があります。

消化とは

人が生命活動をおこなうためには、食物に含まれる栄養素を身体に取り込む必要があります。しかし、栄養素はそのままでは分子が大きすぎて取り込むことができないため分解して分子を小さくする必要があります。
体内で食物の分子を分解する過程を消化といい、口腔、食道、異、小腸、大腸の消化管によっておこなわれます。
消化には、機械的消化と化学的消化があります。
機械的消化とは、口腔で食物を噛み砕いたり、異で内容物を攪拌しこわし、食物を砕いて溶液状あるいはかゆ状にすることといいます。
化学的消化とは、各器官から分泌される消化液中の酵素のはたらきによって栄養素をさらに分解することをいいます。

消化酵素とは

食べ物の栄養素が体内に吸収できるように分解する働きを消化といい、消化において重要な役割を担っているのが消化酵素です。
唾液中にはでんぷんを分解するα-アミラーゼが、胃液中には蛋白質の消化に関与するペプシンおよび脂肪の消化に関与するリパーゼが含まれています。
膵液はアルカリ性で、多くの消化酵素が含まれています。膵液にはα-アミラーゼやリパーゼ、そして蛋白質の消化に関連する酵素活性のないトリプシノーゲンやキモトリプシノーゲンが含まれています。これらは小腸内で活性型に変換されています。胆汁もアルカリ性であるが消化酵素は含まれていません。しかし、胆汁中には胆汁酸が含まれており、脂肪の消化吸収に重要な役割を果たしています。
小腸膜表面にも多くの消化酵素が存在します。糖質に関するものとしてはマルターゼ、スクラーゼ、ラクターゼが蛋白質の消化に関するものとしてはオリゴペプチダーゼ、ジペクチダーゼ、トリペプチダーゼが含まれています。大腸からは粘液が分泌されますが消化酵素は含まれていません。

吸収とは

吸収とは、消化された物質が小腸上皮細胞内に取り入れられ、血管あるいはリンパ管を通じて、肝臓やさまざまな組織に輸送されることをいいます。
主な栄養素である、糖質、蛋白質、脂質などの栄養素、鉄、カルシウム、大部分のビタミンは十二指腸や空腸で吸収され、ビタミンB12や胆汁酸塩は回腸で吸収され、大腸では水分や電解質などが吸収されます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク