健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

肝臓の構造:消化器の構造と機能

肝臓は右横隔膜下に位置する最大の腹腔内の臓器であり、約1200~1500gの重量があります。

肝臓の構造

肝臓は右横隔膜下に位置する最大の腹腔内の臓器であり、約1200~1500gの重量があります。
肝臓の区分は、解剖学的区分と機能的区分の2つがあります。
解剖学的区分では、鎌状間膜を境に主葉である左葉と右葉、付属葉である方形葉(右葉下面)と尾状葉(右葉後面)に分けられます。
機能的区分では、左右の葉、4つの区域、8つの亜区域に分類されます。右葉と左葉はカントリー線(下大静脈と胆嚢底を結ぶ線)によって分けられます。
肝臓は、直径1~2㎜大の肝小葉の集合体です。
肝臓は肝動脈と門脈の二重の血管支配を受けています。上下腸管膜静脈と脾静脈が合流して肝臓へ向かう部分が門脈となり、門脈は消化管から吸収した栄養分を肝臓へ運んでいます。
固有肝動脈、門脈、総胆管は門脈三つ組といわれ、肝動脈、門脈から流入した血液は、肝小葉の毛細血管を経て肝臓から流出します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク