健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

膵臓:消化器の構造と機能

膵臓は、消化器と内分泌という2つの機能があり、消化に必要な膵液を分泌する外分泌腺とインスリンやグルカゴンといったホルモンを分泌する内分泌とで構成されています。

膵臓の構造

膵臓は、みぞおちの少し下あたりで、胃の裏側に十二指腸にはまりこむような位置にあります。
膵臓の長さは15~20㎝、重さは約80g、厚さ約2㎝の淡黄色の臓器です。
膵臓は、右側から膵頭部、膵体部、膵尾部に分けられます。
膵頭部は、十二指腸中部に接し、膵尾部は脾臓にまで達しています。
膵臓の中には、膵臓で作られた膵液を十二指腸に運ぶ膵管が通っており、膵管は膵尾部から始まる主膵管が膵頭部に向かって走り、副膵管と膵頭部で合流した後に十二指腸につながります。十二指腸につながる部位ファーター乳頭部ト呼ばれ、その手前で主膵管は胆管と合流しています。

膵造のはたらき

膵臓のはたらきは、外分泌機能と内分泌機能に大別されます。

膵造の外分泌機能

膵臓の外分泌部の組織は小葉に分かれており、ぶどうの房状の腺房と導管があります。
腺房からは1日に1000~1500mlの膵液を分泌されます。
膵液は、膵管を経て消化管へ送られ、消化活動をたすけています。
膵液は炭水化物・たんぱく質・脂肪の三種類を消化することができる消化酵素があります。
酸性の胃液を中和する重炭酸が腺房中心部と導管細胞から分泌されます。
腺房細胞からは、糖質を分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼとホスホリパーゼ、蛋白質を分解するトリプシノーゲン、キモトリプシノーゲン、エステラーゼなどの消化酵素が分泌されます。

膵臓の内分泌機能

膵臓の内分泌機能はランゲルハンス島が担っています。
ランゲルハンス島は、A(α)細胞、B(β)細胞、D(δ)細胞、PP細胞などの細胞から構成され、それぞれの細胞からホルモンが分泌されます。
A(α)細胞からはグルカゴン、B(β)細胞からはインスリン、D(δ)細胞からはソマトスタチン、PP細胞からは膵ポリペプチドを産生し、毛細血管から血液中に分泌されます。
グルカゴンは、肝臓に蓄えられたグリコーゲンを放出して血糖値を上げるはたらきがあります。
インスリンは、ブドウ糖の利用を促して血糖値を下げるはたらきがあります。
ソマトスタチンは、インスリン、グルカゴンの分泌を抑制するはたらきがあります。
膵ポリペプチドは、食事摂取、蛋白質、脂肪などによる迷走神経刺激により分泌が刺激され、胃酸分泌や摂食行動の調整をおこなうはたらきがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク