健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎(UC)の概念:潰瘍性大腸炎(UC)

潰瘍性大腸炎(Ulcerative colitis:UC)は、大腸粘膜および粘膜下層がびまん性、連想的に冒される原因不明の非特異的炎症性疾患で、多くの症例で直腸から上行性、連続性にびらん、潰瘍、浮腫、充血、炎症性ポリープなどを形成します。
クローン病(Crohn's disease、CD)とあわせて炎症性腸疾患(IBD)と呼ばれます。

潰瘍性大腸炎(UC)の定義

潰瘍性大腸炎の定義は、「主として粘膜を侵し、しばしばびらんや潰瘍を形成する大腸の原因不明のびまん性非特異性炎症である。」とされています。
1973にWHOの医科学国際組織委員(Council for International Organization of Medical Siences:CIOMS)で定められた名称と概念はつぎの通りです。
「主として粘膜と粘膜下層をおかす、大腸とくに直腸の特発性,非特異性の炎症性疾患。」とされています。
30歳以下の成人に多いが、小児や50歳以上の年齢層にもみられ、若年者から高齢者まで発症します。
原因は不明で、免疫病理学的機序や心理学的要因の関与が考えられている。
通常血性下痢と種々の程度の全身症状を示します
長期にわたり、かつ大腸全体をおかす場合には悪性化の傾向があります。

治療反応性に基づく難治性潰瘍性大腸炎の定義

難治性潰瘍性大腸炎は、従来、難治性潰瘍性大腸炎の定義は「厳密な内科的治療下にありながら、つぎのいずれかの条件を満たすものとする。
①慢性持続型②再燃後 6カ月以上なお活動期にある。③頻回に再燃をくりかえすとされていました。しかし、近年の新規治療薬の登場などによる治療の多様化や潰瘍性大腸炎の治療指針における定義に準拠し、治療反応性に基づく難治性潰瘍性大腸炎の定義は、
1.厳密なステロイド療法下にありながら、つぎのいずれかの条件を満たすものとする。
  ①ステロイド抵抗例(プレドニゾロン1-1.5mg/kg/日の1-2週間投与で効果がない)
  ②ステロイド依存例(ステロイド漸減中の再燃)
2.ステロイド以外の厳密な内科的治療下にありながら、頻回に再燃をくりかえすあるいは慢性持続型を呈するもの。
が取り入れられました。

回腸嚢炎の定義

回腸嚢炎とは、自然肛門を温存する大腸(亜)全摘術を受けた患者の回腸嚢に発生する非特異的炎症です。回腸嚢炎の原因は不明ですが、多くは潰瘍性大腸炎術後に発生し、家族性大腸腺腫症術後の発生は少ないことより潰瘍性大腸炎の発症機序との関連が推定されています。

潰瘍性大腸炎(UC)の疫学

日本における潰瘍性大腸炎の罹患率や有病率は1970年以降急激に増加しています。
発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性で25~29歳に みられるが、若年者から高齢者まで発症します。
男女比は1:1で性差はみられない。
潰瘍性大腸炎の患者数を厚生労働省特定疾患医療受給者証交付件数でみると、平成24年度で143,733人でした。最近は、毎年約5,000人ずつ発症し ており、年々患者数が増加しています。世界的にみると欧米諸国を中心に患者数が多く、北欧やアメリカの白人、ユダヤ人に特に多いといわれています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク