健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

潰瘍性大腸炎(UC)の原因と要因:潰瘍性大腸炎(UC)

潰瘍性大腸炎(UC)の原因は解明されていませんが、いくつかの原因が関与していると考えれており、自己免疫反応の異常、食生活の変化、腸内細菌などの変化、遺伝的などの要素あげられています。
潰瘍性大腸炎の原因として考えられている免疫システムの異常がなぜ起こるかもまだ不明で、細菌やウイルスによる感染、肉類や乳製品中心の食事の欧米化、家族内に潰瘍性大腸炎の患者さんが出ていることから遺伝的要因が考えられています。

潰瘍性大腸炎(UC)の要因

潰瘍性大腸炎の要因は、遺伝的な要因、食べ物や腸内細菌、化学薬品などの環境因子、免疫の異常の3つが重なり合って発症すると考えられています。

潰瘍性大腸炎(UC)の遺伝的な要因

日本の研究グループから特定の遺伝子の配列の違い(遺伝子多型)が潰瘍性大腸炎と関係があるこ とが報告されましたが、すべての患者さんに当てはまるわけではありません。
父親や母親が潰瘍性大腸炎の場合、子供さんが潰瘍性大腸炎になるリスクがやや高いのですが、これは遺伝子的要素だけでなく食生活など他の因子も関与していると考えられます。
欧米では患者さんの約20%に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいはクローン病)の近親者がいると報告されています。

潰瘍性大腸炎(UC)の食べ物や腸内細菌

ヒトの腸管にはおよそ500~1,000種類、100兆個以上の腸内細菌が生息しています。
特に大腸は、腸内細菌の増殖に非常に適した環境です。腸内細菌は互いに影響し合いながら一定の細菌数バランスを保つことで腸内環境と整えています。その腸内細菌のバランスがくずることが原因となると考えれています。

潰瘍性大腸炎(UC)の化学薬品などの環境因子

食品中の食品添加物、化学物質が原因となるのではないかと考えられています。

潰瘍性大腸炎(UC)の免疫の異常

免疫とは、体内に入ってきた細菌やウイルスを異物として認識し、体外へ排除する体内の防衛システムで、潰瘍性大腸炎では免疫反応が過剰に働いてしまい、大腸粘膜を攻撃し、破壊 してしまうと考えられています。

潰瘍性大腸炎(UC)のストレス要因

ストレスが大きく関与していると考えれています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク