健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと


潰瘍性大腸炎(UC)の分類:潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(UC)には、いくつかの分類があります。
潰瘍性大腸炎(UC)の病変の範囲による病型分類、病期の分類、臨床経過による分類などの他に、臨床的重症度による分類、活動期内視鏡所見による分類などによってもに分けられます。
・病変の範囲による病型分類とは、潰瘍性大腸炎の病状の拡がりによる分類で全大腸型、左側大腸炎、直腸炎、右側あるいは区域性大腸炎に分類されます。
・潰瘍性大腸炎(UC)の病期の分類とは、潰瘍性大腸炎の病状により活動期・寛解期に分類することができます。
・臨床経過による分類とは、潰瘍性大腸炎の臨床的な経過により再燃寛解型、慢性持続型、急性劇症型(急性電撃型)、初回発作型に分類されます。
・潰瘍性大腸炎(UC)の臨床的重症度による分類とは、潰瘍性大腸炎は臨床的な重症度により、軽度、中等症、重症に分類されます。
・潰瘍性大腸炎(UC)の活動期内視鏡所見による分類には、内視鏡所見により活動期の潰瘍性大腸炎を軽度、中等度、強度に分類されます。

スポンサードリンク