健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

ペンタサ注腸:潰瘍性大腸炎の治療

潰瘍性大腸炎(UC)の内科的治療法の局所療法に用いられる薬剤にはペンタサ注腸があります。
飲み薬に比べ全身的な副作用も軽減されます。

ペンタサ注腸の適応

ペンタサ注腸は、肛門よりの遠位大腸(直腸~S状結腸~下行結腸)の炎症をしずめるのに有用です。または左側大腸炎・全大腸炎型でも注腸を併用することで上乗せ効果が期待できるとされています。
注腸剤が作用するのは下行結腸から直腸にいたる遠位大腸、坐剤の作用範囲は直腸部に限られます。それより口側の炎症には効果が期待できないので、必要に応じて飲み薬のメサラジン(ペンタサ錠)と併用されます。

ペンタサ注腸の作用

ペンタサ錠と同様、炎症細胞から放出される活性酸素を消去し、ロイコトリエンの合成を抑制することにより、炎症の進展や組織の障害を抑制し、腹痛、血便などを改善します。

ペンタサ注腸の有効性

活動期の病変が脾彎曲までの場合は注腸剤単独での治療も可能ですが、早期の治療効果を得るためや、病変範囲が広い患者さんにはメサラジン経口剤との併用療法が行われます。

ペンタサ注腸療法の副作用

ペンタサ注腸療法の副作用として報告されていものは、下痢、下血・血便、腹痛、発熱等があります。

ペンタサ注腸療法の禁忌

・腎機能が低下している。
・肝機能が低下している。
・ラゾスルファピリジンに対する過敏症がある。

ペンタサ注腸の使用方法

・薬液をできるだけ大腸内に維持しておく必要がありますから就寝前などが良いでしょう。
・排便をすませておきましょう。
・慣れないと薬液を全量注入すると便意をがまんできずもれてしまうことになりますから初めは無理に全量を入れず確実に注入できる量から始めましょう。
・冬など寒いときは、薬液をお湯につけて体温程度に加温しましょう。
・ノズルをスムーズに挿入するためにノズル部分に潤滑油を塗るのも良いでしょう。
・左側臥位になり、肛門からノズルをゆっくりと挿入し、容器を徐々に握りしめながら薬液をゆっくりと注入しましょう。ノズルはすべて入れる必要はなく、個人差はありますが4~6㎝が目安です。製品によってはストッパーがついているものもあります。
・薬液を注入したあとはより遠くまで薬液を届け、大腸粘膜にまんべんなく薬液を付着させるために体位変換を行いましょう。具体的な体位変換は病変の範囲などで異なりますので医師に指導を受けましょう。
・終了後は楽な姿勢でゆっくり休みましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク