健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

ステロイド注腸(ステロネマ・プレドネマ):潰瘍性大腸炎の治療

副腎皮質ステロイド局所製剤は、血便などの症状がある活動期の治療に使用されます。
経口副腎皮質ステロイド剤と同様に局所ステロイド製剤もステロイド特有の副作用が生じる可能性があること、寛解維持効果が認められていないことから基本的には長期使用は行われません。
潰瘍性大腸炎(UC)の内科的治療法のステロイド注腸には薬剤にはステロネマやプレドネマなどがあります。注腸剤による局所療法は、飲み薬が効きにくい肛門よりの大腸の炎症をしずめる効果が期待できるうえ、全身的な副作用も比較的少ないのが特徴です。

ステロネマ注腸

ステロネマ注腸に用いられる成分はベタメタゾン リン酸エステルナトリウムはステロイドの一種で、炎症をおさえる強い作用があり、活動期の炎症を抑えるために用いられます。
1日1~2個を直腸内に注入します。
ステロネマの主な副作用は、発疹、月経異常、下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、多幸症、不眠、頭痛、めまい、排便感増強、熱感等、筋肉痛、関節痛、満月様顔貌などがあります。

プレドネマ注腸

プレドネマ注腸に用いられる成分は、 プレドニゾロンリン酸エステルナトリウムはプレドニゾロンを有効成分とする注腸剤で、炎症をおさえる強い作用があり、活動期の炎症を抑えるために用いられます。
1日1個を直腸内に注入します。症状に応じて増減されます
プレドネマの主な副作用は、月経異常、下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、多幸症、不眠、頭痛、めまい、筋肉痛、関節痛、局所的刺激症状、満月様顔貌、浮腫、血圧上昇などがあります。

ステロイド注腸の使用方法

・事前に排便をすませておきましょう。
・できるだけ薬の効果を長時間維持するために日常生活を妨げない、入浴後や就寝前などに注入するのが一般的です。
・薬剤を全量注入すると便意ががまんできずもれてしまうことがあるため無理に全量を注入せずに確実に注入できる量から始めましょう。
・注入に慣れてくると全量を注入することができるようになります。
・注腸液が冷たいと腸を刺激することがありますから適温のお湯などにつけて体温程度に温めて使用しましょう。
・ノズル部分を挿入する際にワセリンなどの潤滑油を使用するとスムーズに挿入できます。
・注腸剤を注入するときの体位は、体の左側を下にした体位でが基本で、直腸からS状結腸へスムーズに流れていきます。
・ノズルの挿入は直腸粘膜を傷つけないようゆっくりと慎重に挿入しましょう。
・注腸液を注入後、より遠くに薬液を届け、大腸の粘膜にまんべんなく薬剤を付着させるために体位変換を行うことがあります。具体的な体位変換は病変の範囲などで異なりますので医師に指導を受けましょう。
・終了後は楽な姿勢でゆっくり休みましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク