健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

腹痛とは:消化器の症状

腹痛は、腹部疾患以外でもみられる症状です。
腹痛を生じる疾患には緊急処置を必要とするものもあります。
腹痛は局所での痛みの刺激が脊髄が脊髄後根の求心性知覚神経を経由して脊髄に入り、大脳に伝達されることにより生じます。

腹痛の発生メカニズムによる分類

腹痛はその発生メカニズムから内臓痛、体性痛、関連痛に分類される。

内臓痛

胃や腸などの消化管などが拡張、伸展、筋肉の痙攣により生ずる痛みであり差し込むような鈍痛が間欠的におこります。
疼痛の部位は腹部正中線上に位置するが局在性に乏しく、両側性の神経支配を受けているため、腹部の正中に対称性に感じ、歩行や体動により軽快することも多く、しばしば吐き気、おう吐、発汗、冷汗、顔面蒼白、血圧低下などがみられます。

体性痛

体性痛とは、壁側腹膜、腸間膜、横隔膜に炎症や物理的あるいは化学的刺激によって発生する痛みです。
痛みの特徴は、痛みの部位が明確であり、突き刺すような鋭い痛みが持続的に生じます。
痛みは、体動や圧迫によって増強することが多く、炎症性の体性痛は体動や咳などで増強します。

関連痛

関連痛とは、内臓からの痛みの刺激が皮膚へと伝わり、皮膚の痛みや知覚過敏などを起こします。原因となる臓器から離れた一定部位に感じる痛み。
腹部以外に痛みがひきおこされる関連痛を放散痛といい、例えば、胃の病気で背部痛を訴えます。
その他に、消化器疾患では、体の一部分を圧迫した場合に痛みを認めることがあり、これを圧痛点といいます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク