健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

便失禁とは:消化器の症状

便失禁とは、本人の意志に反して便が漏出する現象のことです。
便失禁を理解するために消化・吸収、便の形成、排便のメカニズムについて解説します。

消化・吸収のメカニズム

口から入った食物は、口腔→咽頭→食道→胃→小腸(十二指腸→空腸→回腸)→大腸(盲腸→結腸→直腸)の消化管を通って肛門から便として排泄されます。
一連の消化管の中を食物が通過する間、口腔で食物を噛みくだかれ、異で内容物を攪拌され、食物を砕いて溶液状あるいはかゆ状にされまます。さらに、各器官から分泌される消化液中の酵素のはたらきによって栄養素は消化されます。
消化された栄養素は、主に小腸で吸収され、水分や電解質などは大腸で吸収されます。

便の形成

大腸は長さ約1.6mで、上行結腸→横行結腸→下行結腸→S状結腸→直腸で構成され、直腸の先には肛門があります。
大腸は、便を排泄しますの臓器で、主に水分の吸収や便の貯留、便を排泄します。
小腸で消化された栄養素と水分はで吸収され、ドロドロの栄養素の残りかすや食物繊維、水分が大腸に送り込まれてきます。
液状の状態で運ばれてきた食べ物の残りかすが大腸では水分が吸収されて次第に便が形成され、腸内細菌によって小腸で消化できなかったものを分解・吸収され、残りが便として形成されます。
上行結腸では液状便→横行結腸では泥状便→下行結腸では半固形便→S状結腸では固形便と徐々に便が形成されます。作られた便は直腸にためられ、便意をもよおし、肛門括約筋を緩めることで便として排泄されます。

排便のメカニズム

肛門の構造

肛門管は内肛門括約筋、外肛門括約筋、肛門挙筋によって取り囲まれています。
内肛門括約筋は、自律神経支配で不随意筋(自分の意思では緩めたり締めたりできない筋肉)でいつも肛門をある一定の力で締めています。
外肛門括約筋は、内肛門括約筋を取り囲んでいる随意筋で、排便の際に締めたり、緩めたり自分の意思でコントロールできる筋肉です。
肛門挙筋は骨盤臓器を支える随意筋です。肛門挙筋の一部である恥骨直腸筋は肛門の背中側を馬蹄状に取り囲む筋肉で肛門をお腹側に強く引きつけて直腸と肛門の間に屈曲(肛門直腸角)を形成させることによって排便において重要な役割を果たしています。
されに、肛門には、口唇とほぼ同等の大変敏感なセンサー(知覚神経)が分布しており、固体、液体、固体、ガスの鑑別ができます。

便が排泄される機序

下行結腸やS字結腸が糞便によって伸縮すると腸の蠕動運動が活発になり、糞便やガスが直腸に移動します。直腸が糞便やガスによって伸展すると反射的に内肛門括約筋が弛緩し、ほぼ同時に外肛門括約筋が収縮して肛門を締め、糞便やガスが漏れないようにします。
便座に座り直腸の内圧が高まると反射的に肛門括約筋が弛緩して糞便やガスが体外に排出されます。排便が終了すると内肛門括約筋が収縮して肛門が再び閉じられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク