健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと


腹部膨満感(お腹のはり)とは:消化器の症状

腹部膨満感とは、何らかの原因でお腹が張って苦しい状態をいいます。
お腹が張って苦しいと感じることは、食べ過ぎたり、発酵食品をたくさん食べたりして胃や腸に食べ物やガスが溜まったりしたときに感じます。
腹部膨満感は、一時的で問題のないものもありますが何らかの病気の症状としてのものもあるため軽視せずに症状が続くようであれば受診しましょう。

腹部膨満感の原因

腹部膨満感(お腹のはり)には以下のような原因で起こります

生活上の原因で腹が張る

普通は胃や腸に溜まったガスはゲップやおならとして排出されるのですが食生活などが原因でガスがスムーズに排出されずお腹が張ることがあります。

胃・腸内のガスの生成が亢進する

●炭酸飲料などを一気に飲む。
●食事や会話などのときに一緒に空気を飲み込む呑気症。
●便秘やストレス、薬の服用などで腸内細菌のバランスが乱れる。
●発酵食品や芋類、豆類などを食べる。
●ストレスなど。

胃・腸内に液体や固形の貯留

●よく噛まずに食べる。
●早食いをする。
●食べ過ぎや飲みすぎ。

病気が原因でお腹が張る

腹部膨満感を症状とする病気には以下のようなものがあります。

胃・腸にガスが貯留するもの

●胃炎、機能性胃腸症、胃下垂など。
●腸閉塞
●大腸がん
●胆のう炎、肝炎、膵炎など。
●腹膜炎

胃・腸に液体が貯留するもの

●胃幽門部狭窄症、がん性腹膜炎などによる消化管の通過障害。
●胃がん、肝がん、大腸がん、胆道がん、膵がん、卵巣がん、子宮がんなどの悪性腫瘍。
●肝臓、すい臓、腎臓、卵巣などの嚢胞性疾患。
●肝硬変、ネフローゼなど。
●うっ血性心不全
●事故などによる内臓破裂。

器官や臓器の増大によるもの

●肝腫大、脾腫、多発嚢胞腎などの臓器が増大したもの。
●がんや子宮筋腫などのような良性腫瘍などように腫瘍性の病変の増大によるもの。

スポンサードリンク
スポンサードリンク