健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと


吐血と下血:消化器の症状

食道、胃、十二指腸を指し、下部消化管は小腸(空腸・回腸)、大腸(盲腸・結腸・直腸)、肛門の消化管からの出血を消化管出血といい、消化管出血は吐血と下血があります。

吐血とは

吐血とは、食道、胃、十二指腸など上部消化管から出血した血液が口から排出されることをいいます。
吐血は、黒褐色の場合と新鮮血の場合があります。
黒褐色の吐血は、出血した血液が胃内に貯留し、ヘモグロビンが胃酸の作用で酸化するため黒っぽい血液となりコーヒー残渣様と表現されます。
新鮮血の吐血は、胃・十二指腸から急激に出血し、出血してから時間が経過していないため真っ赤な血液となります。

吐血の原因疾患

吐血を症状とする疾患には以下のようなものがあります。
・食道:食道静脈瘤破裂、食道がん、食道炎、胃食道逆流症、マロリー・ワイス症候群など。
・胃:胃潰瘍、急性胃粘膜病変、胃静脈瘤破裂、胃がん、胃悪性リンパ腫など。
・十二指腸:十二指腸潰瘍など。
・その他:血液疾患、歯肉出血、口腔内がん、鼻出血など。

下血とは

下血とは、血液または血液が混じった便が肛門から排出されることをいいます。
下血は、大腸や小腸など下部消化管からの出血だけでなく胃や食道などの上部消化管を含めたすべての消化管からの出血で起こります。
下血は、便の性状により黒色のタール便と新鮮血に近い場合を血便に分けることができます。
タール便は、上部消化管で出血した血液が胃内で胃酸により血液が酸化した場合や回盲部より口側からの出血した血液が腸内細菌により酸化した場合に黒色の便となります。
血便は、結腸や肛門から出血した場合や十二指腸や小腸からの大量に出血した場合に真っ赤な血液が混じった便をいいます。

下血の原因疾患

下血を症状とする疾患には以下のようなものがあります。
・小腸:クローン病、メッケル憩室、ベーチェット病、単純性潰瘍など。
・大腸:潰瘍性大腸炎、クローン病、腸結核、薬剤性大腸炎、虚血性大腸炎、大腸憩室炎、大腸ポリープ、大腸がん、ベーチェット病、単純性潰瘍、感染性腸炎(アメーバー赤痢、病原性大腸炎など)、放射線性腸炎など。
・肛門:痔核、裂肛など。
・上部消化管:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌など。
・その他:血液疾患など。

スポンサードリンク
スポンサードリンク