健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

便潜血検査:消化器疾患の診察と検査

潰瘍性大腸炎の診断を行うにあたって、便潜血検査は、最も侵襲の少ない検査の1つです。

便潜血反応検査とは

便潜血反応とは、採取した便に試薬を混ぜ、その変化で血液の混入判定を行なう検査です。
消化管で出血していても出血量が少量であれば肉眼では識別することは難しく、便潜血検査を受ける必要があります。

便潜血反応検査の種類

便潜血反応検査には、以下の2種類があります。

化学的便潜血反応検査

化学的便潜血反応検査(オルトトリジン法・グアヤック法)とは、古くから用いらてきた検査方法で、採取した便に試験紙をつけ、その変色具合で判定を行う検査方法です。主に胃などの上部消化管の出血を調べるための検査として用いられています。
化学的便潜血反応検査は肉や魚、緑黄色野菜などを食べると偽陽性(±)となりやすいため検査前は食事内容が制限されます。また、貧血治療用の鉄剤などに よっても陽性の反応が出てしまうため注意が必要です。

免疫学的便潜血反応検査

免疫学的便潜血反応検査とは、ヘモグロビンに対する抗体を使用して潜血の有無を調べる検査方法です。免疫学的便潜血反応検査は、食事制限の必要はありませんが胃や食道からの微量出血の場合には陰性になるケースもあります。
免疫学的便潜血反応検査は、下部消化管の出血の検出に向いおり大腸がんの基礎検査として広く用いられています。
連続2日検査すれば、進行がんでは90%、早期がんでは50%が発見できるという報告があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク