健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

便培養・同定検査:消化器疾患の診察と検査

下痢、下血を認めた場合、腸管感染症を疑い、便培養検査が実施され、菌が検出された場合は、菌の種類を調べるために同定検査が行われます。

便培養・同定検査とは

便培養検査とは菌感染が疑われた場合に便を採取して培養し、細菌の有無、菌量および菌種を調べる検査です。

便培養・同定検査の方法

検体(便)の細菌を増殖させるために栄養素を含んだ血液寒天培地やチョコレート寒天培地などの培地に検体の一部を接種して35℃で培養をします。
そして、発育した菌の大きさ、色、溶血性、コロニーの形態、臭気、生化学的性状により起炎菌種の推定し、同定します。

便培地に用いられる培地

・腸内細菌:BTB培地、マッコッキー培地
・サルモネラ:SS寒天培地、DHL寒天培地
・赤痢:SS寒天培地、DHL寒天培地
・出血性大腸菌:SIB寒天培地
・カンピロバクター:スキロー寒天培地、CCDA寒天培地
・ビブリオ:TCSB寒天培地、アルカリペプトン水
・エルシニア:CIN培地
・クロストリジウム:GMA培地、CCFA培地、CCMA培地

便培養・同定検査の実際

潰瘍性大腸炎、細菌性赤痢、超結核、膿瘍、痔などがあれば、塗抹検鏡で便中白血球が確認できますが、アメーバー性大腸炎、ウイルス性大腸炎などではみられません。
検体採取後は常温で保存し、できるだけ短時間のうちに培養検査を行う必要があります。
便培養・同定検査で、高頻度にみられる原因菌は、腸炎ビブリオ、サルモネラ、カンピロバクターなどです。

感染性腸炎とは

感染性腸炎とは、病原体が腸管に感染して発症する疾患の総称で、病原体には細菌、ウイルス、寄生虫などがあります。
細菌性のものでは腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、サルモネラ、カンピロバクタなど、ウイルス性のものではSRSV 、ロタウイルス、腸管アデノウイルスなど、寄生虫ではクリプトスポリジウム、アメーバ、ランブル鞭毛虫などがあります。
主な症状は、下痢や腹痛ですが、下血・血便や発熱、悪心・嘔吐、食欲不振など症状を伴うこともあります。
診断は、問診による症状と経過、流行の状況などから総合的に判断されることがほとんどですが、原因を特定するために細菌性のものは便の細菌培養によって診断される場合もあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク