健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

寄生虫・虫卵・原虫検査:消化器疾患の診察と検査

寄生虫・虫卵・原虫検査とは、原虫類(マラリア、赤痢アメーバー、トリコモナスなど)、条虫類(日本海裂頭条虫、無鉤条虫など)、吸虫類(横川吸虫、日本住血吸虫など)、線虫(回虫、アニサキス、蟯虫など)などが体内に寄生し、卵やときには幼虫が、便に混じって排泄され、これらを検出して調べるのが寄生虫・虫卵・原虫検査です。
寄生虫・虫卵・原虫検査には、便を用いてそのなかの卵や成虫を検出する糞便検査、肛門に貼った特殊なテープを調べる方法、血液で調べる免疫学的検査方法があります。

寄生虫・虫卵・原虫検査 の種類

便の中に虫卵を排出する寄生虫は、便を顕微鏡で観察することで卵や虫体を検出できます。このために行なう検査方法には、直接塗抹法、浮游集卵方、遠沈集卵法、雌虫孵化培養法、セロハンテープ法などがあります。

直接薄層塗抹法

少量の糞便(約米粒サイズ3~5mg)を直接スライドガラスに塗抹し、ここに水1滴を加えて薄層にしてカバーガラスを覆って顕微鏡検査をおこないます。

浮游集卵法

寄生虫卵の比重より重い溶液の中で糞便を攪拌して寄生虫卵を液の表面に浮游させ、これをスライドグラスに付着させ、カバーグラスを覆い顕微鏡検査を行います。
鉤虫卵、蛔虫卵などは検出可能ですが吸虫卵の検出は難しい。

遠沈集卵法

糞便に水又は生理食塩水を加えてガーゼでろ過し、そのろ液を遠沈して沈沙を生理食塩水などで遠心洗浄し、この沈沙に集卵液とエーテルを加えて遠沈し、沈沙をピペットでスライドガラスに移して顕微鏡で検査します。
肝吸虫卵、鉤虫卵、鞭虫 卵、肺吸虫卵、東洋毛様線虫卵などが検出可能です。

雌虫孵化培養法

糞便をろ紙の一方の端に薄く塗って、少量の水を入れた試験管内に便を塗った部分が水に濡れないよう注意して入れ、ふたをして 25~30℃の畔卵器の中で10~14日間培養します。ろ紙を除去して、試験管の底をルーペなどで観察して子虫の有無を検査します。子虫が存在する場合には、 ピペットで吸い上げ、顕微鏡検査を行います。
蝿虫卵、東洋毛様線虫卵、糞線虫卵の検出が可能です。

セロハンテープ法

肛門の周りに産卵した蝿虫卵を検出するために、5~6cmのセロパンテープを肛門を中心にして貼って、そのままスライドグラスに付着させ、顕微鏡検査を行います。
無鉤条虫卵、光節裂頭条虫卵の検出にも応用されます。

免疫学的検査法

便のなかに寄生虫やその卵が認められない場合に有効なのが、血液で調べる免疫学的検査です。特異性という点で問題があるものの、血液か感染に対する体内の免疫反応を調べる方法です。

異常値

寄生虫・虫卵・原虫検査における便検査の異常とは、便中に寄生虫の虫体、虫卵、幼虫、シスト(嚢子)、オーシストなどが検出されることで、シス トあるいはオーシストとは原虫の感染型で、宿主外に排出されて次の宿主への感染源となります。
検出されないのが正常であり、検出されればそれだけで寄生虫 感染の証明にないrます。
便検査で感染が証明される寄生虫は、基本的に消化管およびその付属器(肺や胆管など)に寄生するもので、赤痢アメーバ、ランブル鞭毛虫(ジアルジア)、ク リプトスポリジウム、イソスポラ、横川吸虫、広節(日本海)裂頭条虫、糞線虫、鞭虫、回虫などです。肺吸虫や住血吸虫も便中に虫卵を検出できることがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク