健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

腹部の診察・聴診:消化器疾患の診察と検査

腹部の診察な、視診→聴診→打診→触診の順番で行われ、聴診は視診の次に行われます。
腹部の聴診は、腸蠕動運動と腹部血管雑音を聴診器を使って聴取します。
腹部の聴診は、右下腹部→右上腹部→左上腹部→左下腹部の順で行われます。

腹部の聴診のポイント

腹部の聴診のポイントは大きく2つが上げられます。

腸蠕動音

腸蠕動音とは、腸や胃の蠕動運動に伴って発生するグルグル・ゴロゴロという音のことをいいます。
腸蠕動音を聴取するポイントは、腸の蠕動音が正常、減少、消失、亢進の4つです。

腹部動脈の血管音

・腹大動脈……剣状突起と臍を結んだ正中線のすぐ左側を走る。圧迫しながら深く聴診
・左右の腎動脈……剣状突起と臍の中点から分岐。肋骨弓直下で深く聴診
・左右の総腸骨動脈……腹大動脈が臍のところで左右の総腸骨動脈に分かれる
・左右の大腿動脈……浅い。触診で脈を触れてから聴診

スポンサードリンク
スポンサードリンク