健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

内視鏡検査とは:消化器疾患の診察と検査

内視鏡検査とは先端にCCD(ビデオカメラ)が内臓した屈曲が自由な柔らかい管(ファイバー)を口あるいは肛門から挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行う検査です。

内視鏡検査の目的

内視鏡検査の目的は食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管の粘膜に生じた病変を直接観察する検査で、粘膜の変化、病変を見つけ、必要があれば粘膜の一部を採取する生検を行い、採取した粘膜を顕微鏡で観察し、細胞の良性か悪性かの判定します。
さらに、ポリープや早期のがんを内視鏡を使って切除するという内視鏡的な治療することができます。
内視鏡は、病気の早期発見・早期治療のための手段として期待がされている検査です。

内視鏡検査の種類

内視鏡検査というと、一般的に胃や大腸などの消化器の検査と思われがちですが、内視鏡は消化器以外にもさまざまな臓器、さまざまな使用目的ごとの種類があります。
さらに、その太さや長さも目的に応じて様々で非常に多くの種類があります。
画期的な内視鏡としてカプセル内視鏡が開発されました。

頭部の内視鏡検査の種類

①脳内用スコープ
②耳鼻咽喉用スコープ

胸部の内視鏡検査の種類

① 胸腔鏡(ソラコスコープ)
②気管支用スコープ

腹部の内視鏡検査の種類

①上部消化管汎用スコープ
②腹腔鏡(ラパロスコープ)
③十二指腸スコープ
④膵管鏡
⑤胆道鏡
⑥小腸内視鏡
⑦大腸用スコープ
⑧直腸鏡

泌尿器系の内視鏡検査の種類

①経皮的腎盂鏡(パークテイニアスネフロスコープ)
②膀胱尿道鏡・尿管鏡(ウレテロレノスコープ)・前立腺切除鏡(レゼクトスコープ)

婦人科系の内視鏡検査の種類

①子宮鏡(ヒステロスコープ)
②羊水鏡(アムニオスコープ)
③骨盤腔鏡(クルドスコープ)

整形外科系の内視鏡検査の種類

①関節鏡

カプセル内視鏡

超小型カメラと照明が内蔵されたビタミン剤のようなカプセルを口から飲み込むだけの内視鏡検査です。
カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、無線で画像データを送信して外部装置に記録し、その情報をコンピューターで解析します。カプセルは使い捨てなので、検査後排便とともに体外へ排出されます
カプセル内視鏡は、消化管からの出血が疑われる患者さんについて行われています。小腸全体を観察できるようになり、これまで見逃されてきたびらんや血管異形成など小病変の検出が可能 になっています。
カプセル内視鏡検査は保険適用となります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク