健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

上腹部内視鏡検査(食道・胃内視鏡検査)とは

上部消化管とは食道・胃・十二指腸をいい、上腹部内視鏡検査(食道・胃内視鏡検査)とは内視鏡を使って食道・胃・十二指腸といった上部消化管を内側から直接的に観察する検査です。
一般的に胃カメラとよばれる検査で、口または鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の病変、観察、写真撮影、生検をおこない、診断をおこない、消化管の病変の治療にも用いられます。

上腹部内視鏡検査(食道・胃内視鏡検査)の適応と禁忌

内視鏡検査は診断のみならず治療も行われるようになり、明確な禁忌はありません。
ただし、全身状態がきわめて不良な場合、イレウス(腸閉塞)、消化管穿孔などがある場合は禁忌となります。
適応は、上部消化管病変が疑われる場合、内視鏡検査を行うことが危険な場合は、内視鏡検査を行うことの有用性が危険性を上回る場合のみ施行します。

上腹部内視鏡検査(食道・胃内視鏡検査)の種類

上腹部内視鏡検査(食道・胃内視鏡検査)には、一般検査で用いられる経口内視鏡と経鼻内視鏡があり、特殊検査・治療で用いられるものに内視鏡的切除術、超音波内視鏡などがあります。

経口内視鏡

内視鏡を口から入れ、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。
経鼻内視鏡よりもスコープが太いので、取り付けられる鉗子の種類が多く、経鼻内視鏡ではできない、内視鏡下での治療もおこなうことができます。

経鼻内視鏡

内視鏡を鼻から入れ、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。
このカメラは5.9mmの細径で、鼻から挿入でき舌の付け根を通らないので、吐き気が抑えられるという利点があります。

特殊検査

色素内視鏡・超音波内視鏡・拡大内視鏡・特殊光(NBI)内視鏡などの特殊内視鏡検査があります。

色素内視鏡

内視鏡観察後にチューブを使って食道や胃に特殊な色素を散布する検査法で、インジゴカルミンコントラスト法とルゴール反応法があります。
インジゴカルミンコントラスト法とは、インジゴカルミンを胃内に散布することで薬剤が粘膜の溝に貯留し、コントラストが強調され病変の境界、表面性状が鮮明となり、胃がんの診断に用いられます。ます。
ルゴール反応法は、ルゴール散布による反応では、通常観察で診断困難なごく浅い食道がんが不染帯として観察可能となるため食道がんの基礎検査として用いられています。

超音波内視鏡(EUS)

超音波内視鏡(EUS)とは、内視鏡装置の先端部分が超音波プローブになっている器械を用いて、消化管や周辺臓器の断面像を描出する検査です。これにより、病気の性状の診断や癌の広がりの状況、リンパ節腫大の状況を調べることが可能です。

拡大内視鏡

食道は胃の粘膜を数十倍に拡大して観察することにより、粘膜の構造を微細に観察診断することができます。早期食道癌や早期胃癌の診断と治療法の選択に欠かせない検査となってきています。

特殊光内視鏡(NBI)

特殊光内視鏡(NBI)は、青と緑の二つの狭帯域光を照射し観察する検査法で、粘膜表面の毛細血管や粘膜微細模様などを色調の違いで描出することができ、特殊光内視鏡(NBI)を用いた拡大内視鏡観察は、早期食道癌・早期胃癌の診断・治療に有用な検査です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク