健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

小腸カプセル内視鏡検査とは:消化器疾患の診察と検査

これまでさまざまな方法の小腸内視鏡検査法が考案されてきましたが、いずれの方法も全小腸の観察は困難なうえ患者の負担が大きかった。
2000年にカプセル内視鏡、2001年にシングルバルーン小腸内視鏡システムが発表され、現在カプセル内視鏡により小腸疾患の診断、治療が大きく進歩しました。
カプセル内視鏡検査は平成19年10月から日本でも保険適用となりました。

小腸カプセル内視鏡のしくみ

カプセル内視鏡小腸カプセル内視鏡は外形11㎜、全長26㎜の楕円形のカプセルの中にLEDフラッシュランプ、CCDカメラ、無線装置が内蔵されています。
口から飲み込んだカプセルが消化管の蠕動運動によって消化管を通過していき、1秒間に2枚ずつ撮影しながら腹部に装着したデータレコーダーに無線で転送します。
カプセル内視鏡は、7~8時間にわたり約5万枚の画像を撮影し、これを検査後にコンピューターで動画として解析し、医師が診断します。
入院することなく、日常生活を送りながら検査ができ、飲んだカプセルは、排便とともに体外へ排出されます。

小腸カプセル内視鏡検査の適応

以下の症状があって胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査をおこなっても原因がわからない場合。
①原因不明の消化管出血
②原因不明の貧血
③食道、胃、十二指腸、大腸、直腸には何も問題ないが、黒色便が出る。

小腸カプセル内視鏡検査の禁忌

①事前の消化管検査の結果から、小腸用カプセル内視鏡の通過を阻害する消化管狭窄、癒着、憩室、閉塞、瘻孔が認められる、または疑われる患者(ただし、事前の小腸X線造影検査で上記の症状がないことが確認された場合は除く。)
②腸閉塞、小腸狭窄の既往歴がある場合。
③小腸型または小腸大腸型クローン病と診断された場合。
④消化管検査の結果から、重度の消化管通過遅延が認められた場合。
⑤心臓ペースメーカー、除細動器、その他の埋埴型電子機器を装着している場合。
⑥妊娠をしている場合。
⑦検査の実施に対し同意が取得できない場合。
⑧カプセル内視鏡の滞留時に外科手術ができない場合。
⑨カプセル内視鏡の大きさの錠剤を飲めない場合。
⑩嚥下障害または憩室が認められた場合。
⑪放射線性小腸炎と診断された場合。
⑫消化管に対するバイパス手術が行われた場合。
⑬消化器ステントなど、小腸用カプセル内視鏡の通過を阻害する可能性のある器具を消化管に装着している場合。

小腸カプセル内視鏡検査の診断可能な疾患

カプセル内視鏡を使用することで、今まで診断が困難だった以下の病気の早期発見の可能性が高まり、早期治療が可能になりました。
小腸カプセル内視鏡検査で診断可能な疾患には、①小腸腫瘍、②小腸ポリープ、③小腸内の潰瘍、④小腸内のびらん、⑤クローン病、⑥消化管ポリポーシス、⑦蛋白漏出性胃腸症、⑧吸収不良症候群、⑨腸憩室疾患、⑩メッケル憩室
などがあります。

小腸カプセル内視鏡検査の実際

①検査前日は、検査用の食事または消化のよいものを午後10時までに摂取してください。
②当日は飲食をしないで朝に病院に来ていただきます。
③腹部にデータレコーダー(小さな弁当箱大)を装着して準備完了です。
④カプセルを水と共に服用して検査開始となります。
⑤カプセル内服して2時間後から飲水、4時間後からは食事が可能となります。
⑥日中は自由行動で、どこへ行っても構いません。(激しい運動は避ける、MRIなどに近づかない)
⑦検査開始から約8時間後(夕方)に再び来院していただき、レコーダーを回収して検査終了です。
⑧カプセルは排便時に、体外に排出されます。排出されたカプセルは所定の回収バッグに入れ、地方自治体や病院のルールに従い、適切に廃棄してください。
⑨約一週間後に検査結果をご説明のため受診します。
*医療機関によっては、検査時間や指示内容が異なる場合があります。

小腸カプセル内視鏡検査の合併症

合併症として、カプセルが体外に排出されないことがあります。
2週間以上排出されない場合、小腸内視鏡による回収、困難な場合や病態によっては開腹手術が必要になることがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク