健康は腸内環境から~潰瘍性大腸炎がおしえてくれたこと

スポンサードリンク

大腸内視鏡検査とは:消化器疾患の診察と検査

大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して、直腸から盲腸までの大腸全体の内部を詳細に調べる検査です。

大腸内視鏡検査のしくみ

内視鏡とは、先端にCCDカメラのついた管状のファイバースコープを肛門から入れて、大腸の内部を直接診察する検査です。長さは130㎝で、人差し指の先くらいの太さで、観察するだけでなく場合によっては処置・治療をする医療機器です。
大腸内視鏡は、直腸から結腸、回盲弁(大腸の入り口)の大腸全域を観察することができます。大腸は曲がりくねっているので挿入方法が複雑なのですが最近では、内視鏡の挿入部の硬さが任意に可変できる機能や磁気を利用し内視鏡の挿入状態を確認しながら検査を行えるような装置の開発も行われています。
さら に、大腸内視鏡の鉗子口を通じて様々な器具を用いることで、組織採取や、ポリープ切除などの処置も行えます。

大腸内視鏡検査の適応

大腸の内壁ほとんどを観察することができ、大腸および回腸終末部までの疾患が疑われる場合が適応となります。

大腸内視鏡検査の診断可能な疾患

大腸がん(直腸がん、結腸がん)、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病などの診断に役立ちます。

大腸内視鏡検査の禁忌

大腸内視検査の一般的な禁忌対象は、①腸管穿孔、もしくはその危険性が非常に高い腸閉塞
②中毒性巨大結腸症③重篤な炎症性疾患です。
大腸内視鏡検査の禁忌は、全身状態がきわめて不良な場合、消化管穿孔が疑われる場合は、検査自体が状態を悪化させる可能性があるため原則としては禁忌となります。
ただし、内視鏡的止血が必要な場合やS状結腸軸捻転の内視鏡的整復、大腸の腫瘍性疾患による腸閉塞に対して経肛門的イレウス管を挿入さいに、全身状態が悪くとも処置により改善できると判断された場合には全身管理のもとで緊急内視鏡検査の適応となります。

大腸内視鏡検査の実際

大腸内視鏡検査は検査前日からの準備が必要です。

大腸内視鏡検査の前処置

①検査前日は線維の少ない食事、または検査食を摂取し、就寝前に下剤を服用(病院によって異なります。)
②検査当日の検査施行3~4時間前より約2リットルの腸管洗浄液を2時間位かけて飲みます。 7〜10回の排便があり、便が水様透明になったら検査を開始します。
*注)腸閉塞や狭窄のある症例の場合には微温湯浣腸での前処置のみでおこなったり、止血の際の緊急内視鏡検査では前処置なしでおこなうこともあります。

大腸内視鏡検査の方法

①あらかじめ専用の検査着と検査用パンツ(おしり側に切り込みが入ったパンツ)に着替えます。
②検査を行いやすくしたり、検査の際の苦痛を軽減したりするために、腸管の動きを抑制する薬や鎮静・鎮痛剤を投与します。
③左側臥位で、腎部を少し後方に突き出し前屈した体位をとります。
④肛門より内視鏡を挿入し、盲腸まで到達した後、内視鏡を抜去しながら腸管内を観察します。腸を観察するために空気を注入します。体位変換、腹部の用手圧迫をおこなう場合があります。
モニターで内視鏡写真をみながら、医師が大腸の状態の説明をうけます。
⑤疑わしい場所は、生検のために組織を採取します。
⑥切除可能のポリープであれば、直ちにカメラで切除(ポリペクトミー手術)します。
⑦内視鏡が抜かれ、検査終了です。
⑧1~2時間、お休んだあと、医師から撮影した画像を見ながら説明を受けます。
⑨鎮静剤を使用した場合は当日車の運転は禁止です。
⑩使検査結果を後日(約2週間後)に説明のため受診してください。

大腸内視鏡検査の合併症

大腸内視鏡検査に伴う危険性として、以下のようなものが挙げられます。
① 前処置(下剤内服)に伴う腸閉塞および腸管穿孔。
②出血・腸管穿孔。
③使用する薬剤(鎮痙剤、 鎮静・鎮痛剤)によるアレルギーショック、低血圧・低血糖・不整脈など。
④緊急処置を要する偶発症の他にも検査後の腹部膨満感、吐き気、空嘔吐、めまいなどの比較的軽微な偶発症が起こり得ます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク